死刑について考えてみませんか

街を行くみなさん
この近くに東京拘置所があります。
そしてこの東京拘置所に、死刑を執行する刑
場があります。執行のたびに何人かの職員は
「国による殺人」に手を貸さねばなりません。
今年もまた8月1日の朝に、ここで2名の執
行がありました。

この4年間、年中行事のように死刑が執行さ
れ、特に東京拘置所は毎回、その処刑に加わっ
ています。そのことに抗議する意味で、9月13
日、老若男女およそ90人で綾瀬駅前から東京
拘置所までデモをやりました。(たいへんお騒
がせしました)

「母ちゃん、あの行列なんなの?」
「ついて行くんじゃないよ。デモ行進だ
よ。死刑が執行されたとか何とか言って
るでしょうが」
「あっ! 太鼓叩いて踊ってる人もいるよ」
「ひまな連中だね。まったく」
「拘置所で仕事している人も一緒にやって
るのかなあ?」
「まさか! いるわけないよ。それこそ自
分の首がとぶ」
「どうして?」
「どうしてもだよ。おとなになったらわか
るよ!」

デモの道中、「おまわりさんも一緒にやってる
の?」と子供たちがたずねたり、「どうせ身内
が死刑囚なんだろう!」とビラを払いのけら
れたり、「死刑執行はやめましょう」の声に大
きくうなずく人がいたり、さまざまなことが
ありました。解散地点まで、関心をもってつい
てきた小学生もいました。おとな以上に子供
たちの方が死刑について深く受け止めている
のではないでしょうか。

ところで、当日、拘置所側は、私たちが用意し
た「抗議ならびに要望書」を受け取るどころ
か、皆が近づくことさえいやがる有り様でし
た。
しかし、いきなり執行を告げられ、命を絶たれ
る死刑囚の驚きと無念さ…! それは、日々
彼らと接している拘置所の職員の方々こそ、
よく知っているはずです。
その上、刑場へ連れて行く、目隠しをする、縄
をかける…等々、執行にかかわる刑務官の皆
さんの苦悩はどこで癒されるのでしょうか。
死刑が続く限り消えないのではないでしょう
か?
世界の動きが死刑廃止へ向いている今、執行
をいそぐのではなく、もっと死刑についての
論議を、刑罰についての論議を尽くさねばな
りません。

街を行くみなさん
わたしたちの身近に「死刑」があります。
立ち止まって、いっしょに考えてみませんか。


東京拘置所のそばで死刑について考える会(そばの会)
東京都荒川区南千住1-59-6-302

Top