東京拘置所で死刑の執行がありました

 街を行く皆さん。昨日6月25日、参議員選挙の公示日という日に、法務省は3人の
死刑を執行しました。
 この近くの東京拘置所においても1人の方が処刑されました。
 選挙の前に死刑の執行があるかもしれないという情報があり、私たち(そばの会)で
は6月18日に東京拘置所におもむき、死刑制度の存置・廃止の論議が高まっている中
での死刑の執行はやめてください、という内容の要請書を提出してきたばかりでした。
そのとき、拘置所の職員の方は、「趣旨はわかりました。所長にわたせばいいんですね」
と受取ってくれ、私たちはその対応からも、少なくともしばらくは執行はないものと信
じておりました。それがどうでしょう。死刑制度に疑問を持つ多くの議員の方々が忙し
くなり、マスコミも選挙報道一色になる日を選んで執行がなされたのです。
 私たちは毎月1度の「死刑について考えてみませんか」というビラの中で、今の死刑
制度のさまざまな問題点をとりあげてきました。その問題点とは、執行の有無さえ明ら
かにしようとしない法務省の姿勢、執行日時の恣意性、執行にたずさわらざるを得ない
拘置所職員の苦悩、事件を反省している人をなぜ今さら処刑しなければならないのか、
裁判所によって分かれる判断(今回処刑された人の中にも1審では情状が汲まれ無期懲
役の判決だった人がいます)…等々です。
 こうした死刑制度の問題性から、国運人権委員会や日本弁護士連合会も死刑制度の見
直しと執行の停止を何度も政府に求めているところです。そうした要請をふみにじる今
回の死刑の執行に対して、私たちは強く抗議せずにはおれません。
 街を行く皆さん。選挙の宣伝カーが喧しい中ですが、それに負けない抗議の声をいっ
しょにあげていきませんか。

緊急抗議集会
6月27目(土) 午後5時15分
死別廃止条約の批准を求めるフォーラム90
於:御茶ノ水・明治大学
(明治大学のどの場所になるか未定ですが、会場前には「フォーラム90」ののぼりをた
ててわかるようにします)
ビデオを見ながら
死刑について考える集い
PART2
18日(土)pm6:00〜
綾瀬プルミエ・和室
(足立区勤労福祉会館・綾瀬駅西口そば)

東京拘置所のそばで死刑について考える会(そばの会)
東京都荒川区南千住1-59-6-302

Top