死刑囚の「いのち」に触れてみませんか

 街を行くみなさん。
 きたる5月20日から24日、東京・新宿中央公
園内の「区民ギャラリー」で、死刑囚による絵
画展、『いのちの絵画展』が開催されます。
 出展されている絵画は、75年に執行された
一人を除いて、みんな死刑判決をうけて現在
獄中にいる人たちによるものです。もちろん、
東京拘置所の在監者の作品もあります。昨年
9月、高松から始まって、四国、姫路、仙台、
京都、山形、奈良…と各地で次々に開催され、
大きな反響をよびました。東京では今回初め
て全作品が展示されます。

先生、新宿で、死刑囚による絵画展が開
かれると聞いたのですが、死刑囚の人が
獄中でどうやって描くんですか。

死刑囚も人間である以上、絵を描くこと
もできれば、小説を著したり、作曲をす
ることもできるはすなんだ。だけど、我
が国では、画用紙や絵の貝の便用はよほ
どのことがないと認められていはいんだ
よ、多くは便箋の裏に、赤、黒のボール
ペンで描くのだが、とてもそのような限
られた画材で描いたとは思えない、作品
がそろっていると聞いている。

どんな人たちが企画したんですか。

最初は、絵画にも造詣のある四国高松の
お坊さんが、死刑囚が折にふれて獄外に
書き送るイラスト、ボールペン画に心を
動かされたことがきっかけなんだ。一昨
年から関係者によびかけて15人110点の
絵が集められたんだ。

「死」と背中合わせになりながら日々を
過ごしている死刑囚の人たち。いったい
どんな絵を描くのでしょうか。

各地で寄せられたアンケートを読んでみ
ると、絵に凝縮された死刑囚からのメッ
セージにふれることは、私たちに「いの
ち」とは何か、「人間」とは何か、そして
「死刑」とは何かを、あらためて考えさせ
ずにはおかないようだ。絵のあたたか
さ、優しさに触れた驚きも書かれている
ようだね。ここで話し合うよりも、まず
は絵を観にいこうか。

 この絵画展を東京で開こうとしている実行
委員会の代表の方は、「絵画展を通して、だれ
の『いのち』もみな大切なのだということを、
訴えたい」と言われています。
あなたも、死刑囚からの「いのちのメッセー
ジ」に触れてみませんか。

いのちの絵画展
1998年5月20日(水)〜24日(日)
10:00〜18:00
(初日は13:00から最終日は15:00迄)
新宿区立区民ギャラリー1階展示ホール
(入場無料)
主催:いのちの絵画展東京実行委員会
協力:アムネスティ・インターナショナル日本支部
お問い合わせ先:03−3894−7323
区民ギャラリー:03−3348−6277


東京拘置所のそばで死刑について考える会(そばの会)
東京都荒川区南千住1-59-6-302

Top