人生をリセットしたくなるとき

18歳・19歳という「特定少年」

死刑について考えてみませんか

東京拘置所のそばで死刑について考える会(そばの会)

 拘置所や刑務所にいる人から「名前を変えたいときはどうすればいいのでしょうか?」という相談を受けることがあります。
 その気になれば、姓だけを変えることはできます。
ご存じの通り、結婚すれば相手の姓を名乗ることができます。
あるいは誰かの養子になる方法もあります。
 では名前のほうはどうでしょうか。
詳しそうな人に尋ねてみると、こちらはそう簡単ではないようです。
「名前の売れている芸名や筆名(ペンネーム)として何年も前から使ってきたというような実績でもあればねぇ……」ということでした。

★人生はやり直せないのか
 そもそも獄中の人が名前を変えたいと思うのはなぜでしょうか。
自分の犯した事件のことが大きく報道されていることにより、
出所してからも何かとその「犯人」という「色眼鏡」だけで見られてしまうことへの不安が募っているのかもしれません。
住居を借りたり、就職する際に「前科」が判断材料にされるとなれば、かなり切実な問題です。
氏名を入力すれば、その人物に関する様々な情報がたちまち入手されてしまうようなネット社会では猶更です。
 犯した罪を悔い、二度と同じ過ちを繰り返さないと誓って出所してくる人が、名前も変えて新たに生き直したい、と願う思いを
「それも自業自得でしょう」と突き離してしまうだけでいいのでしょうか。

★改正された少年法
 改正された少年法が今年の4月1日から施行されています。
少年法は「この法律において『少年』とは、二十歳に満たない者をいう」と定義していますが、
改正された法律では「特定少年(十八歳以上の少年をいう)」という枠組みが新たに設けられました。
つまり18歳〜19歳が該当することになります。
 4月8日、さっそく事件当時19歳だった男性の名前が実名報道されました。
以前であれば、「氏名、年齢、職業、住居、容ぼう等によりその者が当該事件の本人であることを推知することができるような
記事又は写真を新聞紙その他の出版物に掲載してはならない」(少年法61条)ことから、実名報道は控えられていたのですが、
「特定少年」による事件の重大性から、検察は「法令にのっとり」氏名を公表しました。
多くの報道機関がその判断に追随して実名で報道しているようです。

★更生を妨げる生き辛さ
 そもそも「少年法」の主旨は、未来ある若者の更生に期待しそれを支援することだったはずです。
「特定少年」へのこのような処遇は更生を妨げる厳罰化でしかありません。
 日本の社会は、罪を犯してしまった若者に「名前も変え、生まれ変わって生き直したい」と思わせてしまうほど
「生き辛い」ものになっているのでしょうか。(J)