10月10日は世界死刑廃止デー

司法がつくる差別、司法がただす差別

死刑について考えてみませんか

東京拘置所のそばで死刑について考える会(そばの会)

10月10日は WCADP(世界死刑廃止連盟)が提唱する世界死刑廃止デーです。
今年のテーマは「女性」です。

 WCADPは「今年の世界死刑廃止デーは、死刑を宣告されるリスクのある女性、死刑判決を受けた女性、処刑された女性……に捧げられます」として、
性別に基づく差別が、年齢・性的指向・障害・人種等、他のアイデンティティの要素ともあいまって女性への刑罰を不当に重くしてはいないか、
と注意を喚起し、そうした差別が死刑につながることがないよう訴えています。
 日本でも関連したイベントが様々に準備されています。
 コロナ禍の渦中で大勢で集まることは難しい現状ですが、そのかわり、オンラインでの参加ができる企画が多くなり、
これまで関心はあっても直接会場に足を運ぶのが難しかった人たちには、よい機会になるかもしれません。
場の設定上「要予約」のこともありますが、多くは入場無料(投げ銭=カンパは歓迎らしいです)のようですから
その意味でも初めての方には参加のハードルが低いことと思います。

★死刑を科された女性:その知られざる現実
 「CrimeInfo」では2021年10月1日(金)18時〜19時の予定で、Zoomでのオンライン・イベント『女性と死刑』を持ち、
後藤弘子さん (千葉大学大学院教授)のお話をうかがいます。
(要事前申込→https://www.crimeinfo.jp/app211001/)
後藤さんの「死刑とジェンダー」の論考はCrimeInfoのホームページで公開されていますので、予習もできますよ!
(https://www.crimeinfo.jp/articles-dissertations-books/paper-collections/)

★司法がつくる差別、司法がただす差別
  「死刑廃止国際条約の批准を求めるフォーラム90」では、10月9日(土)午後1時〜(於:新宿区角筈区民センター)で
「響かせあおう死刑廃止の声──司法がつくる差別、司法がただす差別」をタイトルにした催し
(会場は定員100名・要予約・http://www.forum90.net/)を準備しています。
 ハンセン病患者だからと殺人犯に疑われ、逮捕され、証拠がちゃんと調べられることもなく、死刑判決を宣告され、
そして執行(1962年9月14日)されてしまった事件(地名から菊池事件と呼ばれています)の再審請求運動に取り組んでいる徳田靖之弁護士や、
多くの死刑事件を取材してきたジャーナリストの青木理さん、難民支援活動にも熱心に取り組んでいるミュージシャンのSUGIZOさんらが出演予定です。
 社会の隅々に潜んでいる差別意識は、日本の司法の姿を歪めてはいないでしょうか。
そして、司法はそれを、どう、ただしていけるのでしょうか。
 ぜひ、多くの方々にリモートの形でも参加(視聴)して、考えていただければと思います。(J)