死刑制度に関する世論調査が行われます

あなたが意見を聞かれたら?

死刑について考えてみませんか

東京拘置所のそばで死刑について考える会(そばの会)

  死刑制度に関して、このような意見がありますが、あなたはどちらの意見に賛成ですか。
  (ア)死刑は廃止すべきである
  (イ)死刑もやむを得ない
   わからない・一概に言えない
これは2014年に行なわれた内閣府による「基本的法制度に関する世論調査」の設問です。
この調査は5年に1度行なわれ、この年は全国20歳以上の日本国籍を有する者3000人が調査対象でした。
(調査員による個別面接で実施され、回収率は60.9%)
前回の調査は11月中旬に行なわれましたから、それから5年目になる今年も近く実施されるでしょう。
運が良ければ(!?)あなたにも調査員が訪れます。どんな回答をするか考えておきませんか。

   ★☆★

前回は「(イ)死刑もやむを得ない」という回答が80.3%ありました。
法務大臣が就任時や執行後の記者会見などで、死刑について「国民の大多数が支持していること」と釈明しているのは、この調査結果を根拠にしているのです。
それにしても「死刑は廃止すべき」に対比するのが「死刑もやむを得ない」というのは公平な選択肢とは思えません。
内閣府は5年毎の変化を比較するために、設問はあまり変えられないというのですが……。

   ★☆★

前回の調査で注目されるのは、初めて、次の質問が追加されたことです。
 現在、死刑の次に重い刑は、一生刑務所に入らなければならない「無期懲役」ですが、仮釈放される場合があります。
 これに対して、仮釈放される場合がない、いわゆる「終身刑」は、現在の日本にはありません。
 もし、仮釈放のない「終身刑」が新たに導入されるならば、死刑を廃止する方がよいと思いますか、
 それとも、終身刑が導入されても、死刑を廃止しない方がよいと思いますか。
  (ア)死刑を廃止する方がよい
  (イ)死刑を廃止しない方がよい
   わからない・一概には言えない
この質問では(ア)が37.7%、(イ)が51.5%に大きく変化しました。
「廃止しない方がよい」が多数には違いありませんが、法務大臣が釈明に使えるほどの「大多数」とは言えない数値になりました。
現在の「無期懲役」は「仮釈放される場合がある」とはいえ、有期刑の上限である30年以上服役して、やっと年間に数人認められている程度です。
仮釈放されても、住居をはじめ生活の仕方について様々な条件がつけられ、違反すればすぐに取り消されてしまいます。
仮釈放で出られる可能性は小さく、獄中で亡くなってしまう人のほうがはるかに多いのですから、
日本の「無期懲役」はすでに「終身刑」に近い運用になっています。
5年前の調査がそんな解説の上でなされていたら、どんな結果になっていたでしょうか。

   ★☆★

また、こんな設問もありました。
 死刑がなくなった場合、凶悪な犯罪が増えるという意見と増えないという意見がありますが、あなたはどのようにお考えになりますか。
   増える/増えない/わからない・一概には言えない
「増える」があるなら、なぜ「減る」という選択肢がないのでしょうか。
無差別殺傷事件の動機として、逮捕された人が「死刑にしてほしくて」と語っている……そんな話も見聞しませんか。
死刑は凶悪犯罪を抑制するどころか増長しているかもしれません。
さて、今年の世論調査ではどんな質問がなされるでしょうか。(J)