安藤の駒結び

幕末に死刑を止めた話

死刑について考えてみませんか

東京拘置所のそばで死刑について考える会(そばの会)

  8月31日、「死刑をなくそう市民会議」の設立集会が都内で開かれました。
平岡秀夫元法務大臣が開会の挨拶を述べた後、「死刑廃止へのみち」を議論するシンポジウムがあり、
国連人権担当者からのメッセージ等が紹介されたほか、講談師の神田香織さんが「安藤の駒結び」の一席を披露されました。

   ★☆★

「安藤の駒結び」は、桜田門外の変(1860年)で暗殺された大老・井伊直弼の後任の老中・安藤信正(陸奥の磐城平藩の第5代藩主)の物語です。
当時、開国か攘夷かを迫られる難局を背景に、「安政の大獄」として知られる反対派への大弾圧で、吉田松陰ら多くの政治囚が死罪となっていました。
しかし、井伊大老の後を継いだ安藤信正は、意外にも、死刑に疑問を持つ心情から、その任期中一人も死罪を出すことはありませんでした。
講談によれば、死刑の執行を認める特別の石印があり、それを入れた袋の紐が簡単には解けないように結んでありました。
執行までの制限時間は約30分で、その間に、何重にも結ばれた「駒結び」を解くことができないと執行は見送られたのです。
執行を迫る法務官僚に、それなら、自分で精査するから、その対象者の裁判資料を全部持ってこい、と命じて、
時間切れになったという某法務大臣の逸話にも似た話です。

   ★☆★

10月10日は世界死刑廃止連盟(WCADP/本部:パリ)が提唱する世界死刑廃止デーです。
日本でもこの日の前後に様々なイベントが行われ、東京では「死刑廃止国際条約の批准を求めるフォーラム90」が
毎年「響かせあおう死刑廃止の声」という集会を持っています。
神田香織さんの「安藤の駒結び」は、その集いの第一回(2005年)でも演じられた作品です。

   ★☆★

それからも多くの法務大臣が就任し、退任していきました。
死刑の執行を控えた人も、濫発した人もいました。
就任早々の「失言」で執行する間もなく辞任した人もいました。
ネット上では、法務大臣が死刑を執行しないでいると「職責を果たせ!」という声があがり、執行すると「良くやった!」と快哉の声が多いのだそうですが、
そんな人たちは「安政の大獄」を支持したり、安藤信正に「仕事をしろ!」と責めたてるのでしょうか。
今、「維新」や「新選組」といった言葉が飛び交っています。
幕末のような政情になるほど、死刑を求める圧力も高くなりそうです。
それに抗する力としても「死刑をなくそう市民会議」が、より広いステージを切り開いていかれることを期待します。(J)