陳さん・何さんへの最高裁判決

外国人に対する死刑判決

死刑について考えてみませんか

東京拘置所のそばで死刑について考える会(そばの会)
東京都荒川区南千住1-59-6-302

 6月11日、最高裁で滞日中国人 陳代偉(チェン・ダイウェイ)さんと何力(フー・リー)さんに対し上告棄却の判決が言い渡され、二人への死刑判決が確定しました。

 これは、統計が残っている1966年以降はじめての外国人に対する死刑確定判決です。

 弁護士は、上告趣意書の中で主犯が不在であり事件の事実関係が明らかになっていないこと、裁判所が認定している傷とナイフの関係がきわめてあいまいであることなどを問題とし、犯行現場のエレベーター内の台車や札束の散乱状況などから、犯行は陳さん・何さんが現場から逃亡した後に行われたのではないかと指摘しています。殺意の共謀もなかったという主張もしています。こういった弁護士の主張を裁判所はすべて無視し判決を下しました。もし主犯が逮捕されていれば、従犯である陳さんや何さんは減刑されていた可能性が高いと思われます。
 しかし、二人は死刑判決を受けました。

 弁護士は、上告趣意書の中で主犯が不在であり事件の事実関係が明らかになっていないこと、裁判所が認定している傷とナイフの関係がきわめてあいまいであることなどを問題とし、犯行現場のエレベーター内の台車や札束の散乱状況などから、犯行は陳さん・何さんが現場から逃亡した後に行われたのではないかと指摘しています。殺意の共謀もなかったという主張もしています。こういった弁護士の主張を裁判所はすべて無視し判決を下しました。もし主犯が逮捕されていれば、従犯である陳さんや何さんは減刑されていた可能性が高いと思われます。

 また、通訳を介して行われる取調べや裁判には大きなハンディキャップがありました。取調べ中に受けた歯を折るほどの暴行のことも一審時の国選の弁護人には伝えられなかったそうです。判決を控えて、陳さんが母国語で書いた「上申書」は翻訳されることもないままに最高裁は判決を下しました。

 陳さんや何さんはバブルのころの日本の労働力不足の折に、狩り出されてきた労働者です。バブル経済の崩壊後、職を失った彼らは路頭に迷うほかありませんでした。この事件はそういった背景の中で起こったものでした。
 同じような境遇におかれ、言葉も通じない、たよる人もいない、異国の地で事件にまきこまれた場合を想像してみてください。

 陳さんと何さんは、今、確定死刑囚として、東京拘置所にいます。


Top