東京拘置所のそばで死刑について考える会(そばの会)

東京都荒川区南千住1-59-6-302

メール連絡先:RXE10306@nifty.ne.jp

はじめに



 わたしたちは毎月1回、東京拘置所のそば、綾瀬駅前で「死刑について考えてみませんか?」というビラを配っているグループです。
 この集まりは、1996年末の死刑執行を受け、本当にこれ以上執行させたくない、そのために私たちに何ができるだろうか、と話し合う中から、うまれました。

 様々な地域の方々が地道に(ときには派手なパフォーマンスも含め)それぞれ創意工夫をこらして運動を展開している、そのスタイルを見習いながら、私たちは処刑場を持つ東京拘置所周辺の地域運動として死刑廃止の声をあげていこうと思いました。しかし「死刑廃止」を前提とすると、これからいっしょに考えていけるかもしれない人たちとの回路を閉ざしてしまいそうで「死刑について考える」会としたものです。また、私たちの中にも、いきなり「廃止」とは呼びかけづらい、せめて「考える」ということであれば・・・という仲間もいます。

 そして、綾瀬駅前でビラを配ることから始め、執行に抗議するデモや地域ビラ入れ、ミニ集会などを重ねてきました。執行の危険が高まるたび東京拘置所へ申し入れに赴いたり、毎月1度のビラまきを続けてきました。死刑事件で裁判中の方(未決囚)への面会・文通活動なども行っています。

 ビラ配布後にミーティングをもち、反省や次回の日程・ビラの内容等を相談していますので、意見や提案などもお待ちしています。どうぞ、お気軽に声をかけてください。


これからのビラまき予定:2017年7月22日(土曜) 時間:午後5時〜

         場所:綾瀬駅東口


■近頃の余談

★TVや新聞で、犯罪被害者遺族が加害者≒犯人に極刑や重罰を求める声がよく紹介されます。そして、視聴者、読者の同情や共感を背景に、厳罰化の世論が醸し出されているようです。「人を殺せば死刑でしょ」と、ビラを配っている私たちも言われます。しかし、日本の殺人事件の半数以上が、親族間で発生しているという事実を知って、同じように言えるでしょうか。
 7月のビラまきの前に、アムネスティ主催の「僕の父は母を殺した」と題する当事者の講演に耳を傾けたいと思います。(6月24日N記)

★5月24日、「東アジア反日武装戦線」の死刑確定囚、大道寺将司さんが東京拘置所で長い闘病生活の末に病死しました。多くの人を殺め、傷つけてしまった自分が、みんなに見送られて世を去るようなことはできないから、仰々しい葬儀や連絡はしないようにという遺志を、親族に強く伝えていたそうです。
 大道寺さんのような死刑囚自身が死刑廃止を訴えるのは、一見、当たり前のようでいて、何重にも屈折した思いがあったようです。
 彼は何冊かの俳句集を出していました。関係者の評価は高いのですが素人には難しく思えるその表現に、そんな「屈折」が読み取れそうな気分が募る夜です。(5月27日・N記)

★「共謀罪」の議論が盛んですが、死刑の問題とはあまり関連づけられていません。「テロ等準備罪」だけでは上限でも5年以下の懲役・禁錮ですから、話し合っただけで死刑になるわけではありません。でもそれが、どれほど自由な言論を奪うことになるか、そして、その先には死刑も乱発される社会が待っているだろうことを考えずにいられません。
 それで、4月のビラでは『走れメロス』の話をもとに考えてみました。疑心暗鬼の王様と、それに従うばかりの裁判官僚によって、メロスに真実を伝えたお爺さんに共謀罪が適用されれば、それだけで懲役5年をまぬがれないわけです。この設定は作者・太宰治が体験した戦前の治安維持法下の社会の反映かもしれません。(4月15日・N記)

【イベント案内】
※詳しくは主催団体のホームページ等でご確認ください。

★加賀乙彦講演会『死刑囚と無期囚の心理をめぐって』
7月1日(土曜)午後2時〜
文京シビックセンター4階シルバーホール
会場費:500円
主催:死刑廃止国際条約の批准を求めるフォーラム90

★大山寛人さん講演会『僕の父は母を殺した〜残された家族の葛藤』
7月22日(土曜)午後2時〜
在日本韓国YMCAアジア青少年センター9階国際ホール(水道橋駅から5〜7分)
料金:800円
主催:アムネスティ・インターナショナル日本

★世界死刑廃止デー(10月10日)にちなんだ集会「響かせあおう死刑廃止の声2017」は
10月7日・渋谷区文化総合センター大和田伝承ホールで開催予定

主催:死刑廃止国際条約の批准を求めるフォーラム90

★ずっと先のことになりますが、2020年、オリンピック日本開催の年に、5年に1度の国連犯罪防止会議が日本で開催されることになりました。知る人ぞ知る、世界中の刑事政策関係者が集まる大イベントです。死刑を廃止した国となってお迎えしたいものです。

■配ってきたビラなど
17年06月 刑罰を与えるばかりでなく/よりよく生かしあう司法
17年05月 死刑の次の刑罰は?/無期懲役という「終身刑」の問題
17年04月 メロスってテロリスト?/「テロ」より怖い共謀罪
17年03月 トイレにも行かせない取り調べ/冤罪をつくって反省のない捜査機関
17年02月 オリンピックはできるかな?/人権問題をめぐる国際世論
17年01月 死刑判決の場所・死刑執行の時間/死刑囚の姿が見えますか
16年12月 死刑になるからと犯罪を思いとどまった人はいますか?/2020年までに死刑廃止を
16年11月 死刑判決を受け入れた人たち/執行しやすい人から執行される
16年10月 日弁連の人権擁護大会宣言/2020年までに死刑廃止を
16年09月 死刑事件に直面するとき/加害者・被害者の思いは?
16年08月 目には目を、というけれど/死刑は「報復」になりますか?
16年07月 心の準備はできていますか?/アメリカで死刑が廃止されたら…
16年06月 冤罪は減るのか? 増えるのか?/刑事訴訟法等の「改正」
16年05月 憲法を守る? 憲法で守る? 憲法が守る?/死刑から考える憲法
16年04月 法務大臣の地元(いわき市)で考える/死刑がなぜ必要なのか
16年03月 無差別殺傷事件の動機/死刑が誘発する犯罪
16年02月 どうして「嘘の自白」をするのか?/だれでも「自白」させられます!
16年01月 弁護人は信用できませんか?/控訴を取り下げた死刑囚
15年12月 岩城法務大臣が2名の死刑を執行/裁判員裁判での死刑囚も対象に
15年11月 なぜ証拠を隠すのか/現在進行形の死刑冤罪
15年10月 なぜ再審の門を閉ざすのか/奥西勝さんを獄死させたもの
15年09月 死刑判決と執行のはざまで……130人の死刑確定囚/法務大臣に問われていること
15年08月 会いにいけない「有名人」/死刑囚130の個性と向き合う
15年07月 上川陽子法務大臣による死刑執行/彼が控訴していたら?
15年06月 アメリカで進む死刑廃止/冤罪をさけるコスト
15年05月 国際世論をどこまで無視できますか/アメリカで死刑が廃止される日
15年04月 執行される死刑囚の心身の状態は?/死刑を秘密にしたがる国家
15年03月 彼女のことが嫌いでも、彼女の無実は知ってください/林眞須美さんは犯人なのか?
15年03月裏面 上川陽子法務大臣の地元で/裁判員制度と冤罪と死刑について考える集い 要請書
15年02月 どちらの意見に賛成ですか/死刑は廃止すべきである/死刑もやむを得ない
15年01月 再審に求められる「新規性」の壁/証拠が隠されたままの死刑
14年12月 「公共の福祉」が制限できる人権は……/死刑は憲法違反!?
14年11月 10年目の「死刑廃止のための大道寺幸子基金」/死刑囚の作品にふれる
14年10月 松島みどり法務大臣の地元で/裁判員制度と死刑について考える集い
14年09月 松島新法務大臣は見習わないでください/谷垣前法相の再審請求準備中の執行
14年08月 会いにいける死刑囚?/見にいける死刑囚の作品
14年07月 安倍政権の「死刑」と「戦争」/谷垣法相による5度目の執行
14年06月 死刑の再審を阻むもの/袴田巌さんと奥西勝さん
14年05月 捜査機関が「犯罪」を塗り重ねているようでは/冤罪はなくならない
14年04月 袴田巌さんの再審開始決定/検察の即時抗告はなんのため?
14年03月 死刑執行をめぐる情報公開とは……/刑場を見たいですか?
14年02月 死刑を求める理由は……/犯罪被害者団体の決議
14年01月 憲法が求めるもの/死刑は残虐な刑罰だと思いますか?
13年12月 ヒロシマから死刑といのちを考える/法務大臣にもできなかったこと
13年11月 あなたも裁判員になります/死刑判決がくつがえされるとき
13年10月 免田栄さんと共に歩いたデモ/今年の10月10日(世界死刑廃止デー)
13年09月 誰が見ても死刑?/1審は無期判決だった人への死刑執行
13年08月 なぜだろう……/死刑にこだわる国家
13年07月 あなたは死刑に賛成ですか? では体罰は?/毎日新聞の立候補者へのアンケート
13年06月 拷問禁止条約の審査で批判された/やっぱりおかしい日本の司法と死刑
13年06月裏面 拷問禁止委員会の第2回政府報告書審査より/死刑制度と死刑確定者の人権状況についての勧告
13年05月 谷垣法務大臣による二度目の死刑執行/暴力団なら殺していいのか
13年05月裏面 死刑のベルトコンベアを止めよう/死刑執行に抗議する院内集会決議
13年04月 隠されている中国の死刑/日本の死刑が隠していること
13年03月 テキサス州で死刑濫発を見直し/死刑は高くつく?
13年02月 自民党政権・谷垣法務大臣によって/また執行のベルトコンベアが回るのか
13年02月裏面 解説/世界の中の日本の死刑
13年01月 死刑制度があっても/執行を止める理由
12年12月 「世論」の「真意」を知りたい/なぜ死刑が必要ですか
12年11月 冤罪を避けるために/なぜ全証拠を開示しないのか?
12年10月 ノーベル賞も「外圧」?/EUが憂慮する連月の執行
12年09月 世界死刑廃止デーに/原発を考え、死刑を考える
12年08月 8月の死刑執行/再審請求を阻むもの
12年07月 検察は証拠を隠すな!/冤罪被害者たちの声
12年06月 「取り返しがつかない」死刑/無実の人への執行はなかったのか
12年05月 死刑を執行するのは誰か?/死刑執行を控えた法務大臣たち
12年04月 年度内という計算?/死刑を執行した小川法相
12年03月 法務省の勉強会が終了/死刑の執行が迫っている
12年02月 殺されるために生かされる/映画「絞死刑」が問うもの
12年01月 死刑があるのだから……という理由/死刑を見直すのも法相の仕事
11年12月 2011年を死刑執行のない一年にしよう!/死刑があっても執行を控える理由がある
11年12月裏面 2011年を死刑執行のない一年にしよう!/死刑は誇れない
11年11月 誰でも法務大臣になれる?/死刑執行を迫る人々
11年10月 ノルウェーの社会を見つめて/日本弁護士連合会の「宣言」
11年09月 刑訴法四七五条の呪縛/法務大臣に死刑執行を迫るもの
11年08月 ホームズが裁判員になったとしても……/裁判員の選択する死刑
11年07月 死刑廃止国際条約発効20周年/死刑が「残虐な刑罰」になるとき
11年06月 証拠の開示もしないで/死刑の執行は許されない
11年05月 世界は死刑廃止に向かっています/死刑は誇れない
11年04月 震災と原発事故を機に考える/死刑という「人災」
11年03月 江田五月法務大臣に訴える/政治(家)と死刑
11年02月 2011年を死刑執行停止元年に/江田五月法務大臣に訴える
11年01月 大逆事件から100年/国家と死刑は変わったか
10年12月 裁判員裁判で無罪判決/過去の事件はどうなのか?
10年11月 死刑執行の即時停止を/無実の罪をもたらすもの
10年10月 みんなでやれば怖くない、のか?/公開された処刑場
10年09月 マスコミは法務省の広報機関?/公開された処刑場
10年08月 なぜ? なぜ? なぜ?/死刑を執行した真意は…
10年07月 冤罪は意図的に作られる?/証拠を隠すな!
10年06月 死刑囚の処遇について/千葉法務大臣に訴えたこと
10年05月 死刑の執行を控えながら/時効を廃止した法務大臣
10年04月 中国で日本人の死刑を執行/日本にもいる中国人死刑囚
10年03月 罪と罰はつりあうものなのか?/裁判員制度での死刑
10年02月 死刑の「容認」は「賛成」ではない/世論調査の結果
10年01月 面会・文通の制限/死刑囚との交流はどのように?
09年12月 死刑はアジアの文化って本当?/死刑は「文化」ですらない
09年12月裏面 東アジアの死刑廃止を求める市民アピール/2009年12月
09年11月 ヨーロッパで死刑が廃止された理由/さて日本では?
09年10月 死刑がないと不安ですか?/国際世論と国内世論
09年09月 死刑のない社会は想像できませんか?/10月10日は世界死刑廃止デーです!
09年08月 森法相が三度目の死刑執行/裁判員制度下の死刑
09年07月 死刑の執行を急がないで!/足利事件と飯塚事件
09年06月 足利事件のDNA鑑定/冤罪を証明もし、作りもする鑑定
09年05月 あなたが死刑に向き合う日/職業裁判官にまかせることなく
09年04月 知りたい? 知りたくない?/死刑執行の事前告知
09年03月 動かぬ証拠が動くとき/アメリカでも揺れる死刑制度
09年03月裏面 日弁連の死刑執行に関する会長声明
09年02月 森法相が4人の死刑を執行/彼らが言い残したこと
09年02月裏面 「死刑を止めよう」宗教者ネットワーク/執行抗議声明
09年01月 国連総会が再度の死刑執行停止決議/執行を乱発する日本の法相
08年12月 上告を取り下げた死刑囚や無実主張の死刑囚を処刑/森英介法相の死刑執行は大問題
08年11月 責任は世論に丸投げ?/死刑執行への国際的批判が続く
08年10月 死刑執行を停止しよう!/森英介法務大臣に知ってほしいこと
08年09月 止まらない死刑執行/死刑になじむことなく
08年08月 二度目の保岡法務大臣/死をもって償う、とは?
08年07月 厳罰化が必要ですか?/増大する死刑判決と執行命令
08年06月 鳩山法相は「死に神」?/死刑の犯罪抑止効果
08年05月 6月にも死刑を執行?/東京拘置所の仕事
08年04月 それで治安が守られているのか/大量執行の時代
08年03月 あなたが死刑に向きあう日/裁判員制度と死刑
08年02月 「凶悪犯罪」は増えていません/テレビがあおる厳罰化
08年01月 死刑廃止に向かう世界/ 死刑大国の道を歩む日本
08年01月裏面 国連総会の決議文
07年12月 情報公開は何のため?/鳩山法務大臣が死刑を執行
07年11月 死刑があれば死刑を求めてしまう・・・/国連決議に注目を
07年10月 大きい権限は大きい責任/鳩山法相の発言について
07年09月 必要的上訴制度の問題/死刑囚はなぜ増える?
07年08月 拷問禁止委員会の勧告/日本の死刑制度の問題点
07年07月 票にならない声/死刑と選挙
07年06月 死刑確定者と外部との交流/窓が少し開いた
07年06月裏面 東京拘置所への抗議及び要請書
07年05月 Stop! 死刑執行/死刑と厳罰化に反対する6月共同行動
07年04月 執行を日常化させるな/国会会期中の死刑執行
07年03月 死刑確定囚が100人に/厳罰化の果ては?
07年02月 「それでもボクはやってない」/冤罪事件の映画に観る裁判
07年01月 当局を責めず法務大臣に抗議を/処刑された死刑囚の遺言
06年12月25日号外 長勢甚遠法務大臣による/死刑執行に抗議する!
06年12月 袴田巌さんのこと/冤罪の危険は高まっている
06年11月 法務大臣の「怠慢」?/死刑執行の権限について
06年10月 世界死刑廃止デーを機に考える/死刑のない社会
06年09月 大道寺幸子基金のこと/死刑囚の作品にふれる
06年08月 あなたも絶対「自白」する!/冤罪は必ず作られる
06年07月 更生の余地はない? あったとしても?/光市事件の判決について
06年06月 凶悪犯罪が増えている?/昔はよかった、ですか?
06年05月 アメリカといってもいろいろ/各州で異なる死刑制度
06年04月 えん罪を訴える高橋和利さんに/最高裁の死刑判決
06年03月 宗教者と市民が集った/法務大臣の地元集会
06年02月 届かなかったアンケート/事前告知をめぐって
06年01月 絵画作品を見ながら考える/死刑囚の表現手段
05年12月 監獄法の大改正/どうなる死刑囚の処遇
05年11月 私は死刑執行のサインはしません/新法務大臣の「信条」
05年10月 10月10日は世界死刑廃止デーです/死刑制度について考えてみませんか
05年09月 死刑囚との面会・文通/誰とも会えない人たち
05年08月 近く死刑執行の可能性/新刑場を使わないで!
05年07月 死刑囚の表現/永山則夫さんの残したもの
05年06月 名張事件の再審決定に思う/裁判官の責任は?
05年05月 死刑求刑事件に/四一年ぶりの一審無罪判決
05年04月 名張事件/奥西勝さんの再審決定!
05年03月 誘導尋問のようだけど……/世論調査の示すもの
05年02月 重罰化で犯罪は減るか?/増加している死刑判決
05年01月 検察の量刑基準をめぐって/死刑と無期のあいだ
04年12月 多田謡子反権力人権賞を受賞/死刑囚へのTシャツ・現金差入訴訟
04年11月 日本の死刑制度と死刑囚処遇/死刑について考えてみませんか
04年10月 死刑を執行するのは誰?/法務大臣を責めないで!?
04年09月 野沢法務大臣が死刑執行/死刑を求めた死刑囚のこと
04年08月 ドストエフスキーの作品から/処刑寸前から生還した文豪が語る「死刑」
04年07月 むずかしい問題ですが/「被害者感情」と死刑
04年06月 死刑廃止の条件をめぐって/犯罪被害者の人権
04年05月 6月に死刑執行の可能性/執行は止められます
04年04月 人権擁護大会に向けた日弁連の催し/揺れるアメリカの死刑制度
04年03月 イラク戦争開始から一年/戦争と死刑をめぐって
04年02月 フセインを死刑にする?(ブッシュは?)/戦争犯罪と死刑制度
04年01月 安田好弘弁護士に完全無罪判決/でも冤罪の人はいっぱいいる
03年12月 死刑の現実を知ることから/執行はどのように行なわれるか
03年11月 これでは再審請求も困難です/死刑確定囚と外部の交流
03年10月 ホームページへの反響から/犯罪被害者の人権をどう考えているのか!?
03年09月 処刑と獄死/森山法務大臣が三度目の死刑執行
03年08月 国会議員の刑場視察
03年07月 刑よりも罪をおそれる心を
03年06月 永遠に時期尚早?
03年05月 死刑執行停止法案を考える
03年04月 戦争と死刑を止めよう
03年03月 上田大さんのこと
03年02月 イリノイ州で全死刑囚を減刑
03年01月 政治の世界は厳しい?
02年12月 日本弁護士連合会の提言
02年11月 疑わしきはこれを罰す?
02年10月 鶴見事件の高橋和利さん
02年09月 死刑は日本の文化?
02年08月 データが語る死刑廃止
02年07月 なぜ死刑に賛成/反対するのか?
02年06月 外国人に対する死刑判決
02年05月 三崎事件・荒井政男さんの場合
02年04月 無実を訴える死刑囚の声
02年03月 元刑務官の方のお話
02年01月 年末の死刑執行
01年08月 第一回死刑廃止世界大会の報告集会が開かれます
01年07月 第一回死刑廃止世界大会が開かれました
01年05月 ヨーロッパで死刑廃止世界会議が開かれます
01年04月 国と拘置所はなぜ死刑囚を隠すのか?
01年03月 欧州会議調査団の続報です
01年02月 欧州会議の調査団が来日します。
01年01月 ビラへの反響を特集しました。
00年12月 責任は誰がとるんですか?
00年10月 「日独裁判官物語」を見ながら死刑について考えてみませんか
00年09月 あなたが裁判官ならどうします?
00年08月 残り少ない死刑存置国アメリカでも死刑執行停止の波
00年07月 ボタンを押すのは誰ですか?
00年06月 法務大臣がサインを拒むと……
00年05月 知らなくっていいの……?
00年04月 「世論」が求めていることは?
00年01月 なぜ? 再審請求中・人身保護請求中の死刑執行
99年8月 死刑について考えてみませんか
No21 死刑制度 賛成?反対?
No19 死刑について考えてみませんか
No18 死刑について考えてみませんか
要望書3 1998/11/11
No17 死刑について考えてみませんか
No16 死刑について考えてみませんか
No15 死刑について考えてみませんか
No14 死刑について考えてみませんか
No13 東京拘置所で死刑の執行がありました
死刑執行に対する抗議および要請
要望書 6月18日の朝、そばの会の3人が東京拘置所に行って、「要望書」を手渡しした。
No12 死刑について考えてみませんか
No11 死刑囚の「いのち」に触れてみませんか
No10 死刑について考えてみませんか
No9 死刑について考えてみませんか
No8 「ジャーニー・オブ・ホープ」を観て、死刑について考えてみませんか?
No7 死刑について考えてみませんか
No6 死刑について考えてみませんか
No5 死刑について考えてみませんか
抗議ならびに要望書 死刑執行に抗議する東京拘置所一周デモ 参加者一同
No4  死刑物語 ………本当にあったお話です。
9/13東京拘置所一周デモ
No3  8・1 4名の死刑執行に抗議します
No2
No1

Link

since 2002.1.10